リスクを軽減させる

聴診器

昔は妊婦は二人分の栄養を摂取しなければならないため、沢山食べなければいけないと言われていました。しかし、妊婦の食べ過ぎは逆に病気などを発病してしまうため、気をつけなければいけません。食べ過ぎは栄養ではなく、糖尿病や心臓病そして高血圧などをもたらします。食欲が抑えられないで沢山食べてしまうと、お医者さんからは減量や食事制限を言われてしまいます。特に高血圧は妊娠中毒症の原因になってしまうので注意しなければなりません。気にせずどんどん食べてしまうとリスクが高くなり帝王切開や死産となるリスクもあります。妊婦は必要な栄養をしっかりとり、後は妊娠前と同じような食事を心がけることが必要だと今では言われています。

今の妊婦にとって必要な栄養は、葉酸と言われています。特に、妊娠前や初期に葉酸は必要な栄養分です。それは、赤ちゃんを形成するための栄養素であると同時に、葉酸の量が少なければ病気を持った赤ちゃんが生まれる可能性が高いと証明されているからです。ですから、妊婦にとって葉酸しっかり摂取することが必要になります。これからは、食事からだけでなくサプリメントなどで栄養素を補い妊婦生活を送る方が多くなってくると予測することができます。またサプリメントが苦手だという人もいることからそれだけでなく、必要な栄養素の入ったドリンクや食事・お菓子などもどんどん登場することでしょう。妊婦にとって嬉しい食品、加工食品などが販売されると予想できます。