産婦人科へ行く

病院受付

産婦人科が少なくなっているとよく聞きますが、一方で新しく開業したりリニューアルした産婦人科も見かけます。 最近の産婦人科は妊婦さんへのサービスが素晴らしく、驚くようなサービスがたくさんあります。 例えば出産後の妊婦さんへの食事は、プロの調理師が計算した栄養バランスの良い食事はもちろん、プロの料理人が作ったコース料理が振る舞われるなんて事もあります。部屋はアロマオイルがあり、出産前後にリラックス出来るような空間になっていたり希望者にはハンドマッサージのサービスなど、ホテル並みの産婦人科が増えてきました。 しかしいくらサービスが良くても産婦人科のお医者さんの評判が悪ければあまり良い病院とは言えません。サービスはあまりなくても医師の評判が良い、経験が豊富であるといった条件のほうが、安心して出産することが出来るでしょう。

産婦人科で出産する際は、出産手当金の中でおさめようとすると以下の考え方があります。 まずは、一般の総合病院に入院することです。相部屋で病院食もリーズナブルなので、入院費用が抑えられます。産婦人科の個人病院の場合、個室の割合が高く、病院食もグレードが上がって、高くなる傾向にあります。 つぎに、妊活する前に、自己の健康状態を把握しておくことです。血糖値や風疹の有無などを把握して臨めばいいのですが、産婦人科での検診で怪しいところが発見されると検査費用が膨大にかかります。 つぎに、出産の日ですが、コントロールや我慢ができれば、休日や正月などの連休や夜間は避けた方がよいです。産婦人科においても割増料金となります。