問題側を調べる

ナースステーション

結婚して何年経っても子供が出来ない。そんな場合は、検査もせずに女性側に問題があると昔は判断されていました。それで一方的に離縁状を突付けられたり、実に悲しい時代でした。最近は医学が発達した事と若い夫婦の考え方が変わったこともあり、状況は変わりました。不妊治療の検査の結果、原因は男性側にある場合も多いことが分かったのです。特に精子の活動が弱かったり、そもそも無精子だったり、色々な原因が男性側にもあるのです。こういった事が検査でわかると、不妊治療を開始します。もしくは、別れるという選択を取る場合もあります。子供を持つことが結婚の第一の目的の場合は、残念ながらやむを得ないことです。養子を取るという方法もあるのですが、やはり将来のことを考えると腰が重くなってしまうのでしょう。

検査の結果、不妊の原因が女性、男性のどちら側にあるにせよ、安易な決断はすべきではありません。最近の医療の進歩はめざましく、不妊治療の分野も進歩しています。自然妊娠が不可能な場合は体外授精が可能です。また排卵誘発剤で、受精の可能性を高めることも出来ます。不妊治療の選択の幅は以前とは違って広がっているのです。夫婦間の問題ですが、当事者だけでは答えが出せない場合もあります。下手をすると袋小路に入り込んで夫婦仲を破壊してしまう可能性も高いです。そこで、不妊治療のアドバイスをしてくれる専門家を交えて決断を出せば良いのです。選べる不妊治療の選択肢は増えました。その判断には専門的な知識が必要な場合も多いです。もはや不妊治療に専門家の助言は必要不可欠と言って間違いないです。

治療方法を選ぶ

錠剤の薬

不妊治療には様々な方法があり、これらは年々発展しています。ですが治療法は症状や原因を調べてから決まります。そのため、詳しい検査を行い、予め原因を知ることが必要不可欠となります

リスクを軽減させる

聴診器

妊婦には食事制限などは特にありませんが、適量と呼ばれるものがあります。俗説として二人分食べる必要などがありますが、これは栄養の過剰摂取に繋がる可能性があります。

お腹の赤ちゃんの健康も維持したい!妊婦の栄養補助食品として長年愛されているこちらで必要不可欠なミネラルを取り入れましょう!

産婦人科へ行く

病院受付

産婦人科では妊婦にとってやさしいサービスが豊富にあり、食生活の面では栄養バランスが整った料理を提供してくれます。相部屋で病院食も安いので入院にかかる費用を抑えることができるというのが特徴です。

排卵を誘導

注射器と手

妊娠を希望している人は排卵誘発剤を使うこともありますが、正しく使用することが大切です。使用することで当然副作用もありますが、不妊治療にはこの方法が欠かせないものとなっています。

適切な検査をする

おなかを抱える

妊娠を希望する場合、適切なタイミングが必要になります。これを調べる方法として排卵検査薬と呼ばれるものがあります。使用方法を把握し、確実性を高める為の検査を行なうことで可能性を上げることができます。